「金澤」

0
    雑誌「金澤10月号」の巻頭特集「レストランの名店」で
    ラ・コンティを掲載して頂きました。
    ビストロは2軒でもう一軒は高柳さんでした、大変恐縮です。
    今回は長く続けているお店を紹介しています。(ラ・コンティは11月で17年です)
    この業界ではそこそこ私も中堅の年齢ですが、さすがにこの中に入ってしまうと小僧です。
    石川県のレストランの歴史が良くわかる特集でした。
    そして「なんであの店が載っていないのだ」と言いたい方もおられると思います。
    私個人的には「ロベール・デュマ」は絶対外せないと思います。
    ここ数年も名店と呼ばれるようなお店が出来ておりますので、今後も楽しみですね!
    そういえばミシュランガイドの調査が金沢に来ていると噂になっています。
    私が聞いたのは和食のお店数件ですが金沢版出るのでしょうか?
    ちなみに当店には現在来ておりません。

    雑誌にも出ておりましたがおススメは
    ◎オーストラリア産の極太グリーンアスパラガスです(※取材時は国産)
     南半球はこれからが旬を迎えますので甘味も強く美味しいですよ。
    ◎秋トリュフのパスタ
     夏トリュフから秋トリュフに名前は変わりましたが味はほとんど変わりません。
     出荷の地域と価格が上がったことくらいです・・・こちらも是非


    シャラン産鴨胸肉のロースト(写真上)
     通年使っておりますが、家禽とはいえやはり冬場脂がのってきて、より一層おいしくなります。

    ちなみにメニューで●シャラン鴨と●シャラン鴨の違いですが
    超カンタンに言うとシャラン鴨は純血種、シャラン産鴨は混血種です。
    味はシャラン鴨の方が野性的な感じで、シャラン産は上品な味わいです。
    好みなのでどちらがいいというわけではないですが
    シャラン鴨の方が少し高価です。「ビュルゴー家の・・・」と書いてあるのこっちです。
    当店ではコンフィはこちらを使っています。
    胸肉も以前はこちらを使っていましたが品質やサイズにかなりムラがあって
    最近はシャラン産のほうを使っています。若い時にはシャラン鴨や青首鴨が本物だ!
    と思っていましたが、毎日やっているとそんなこともないです。
    A5和牛や大トロよりも・・・・みたいなところです。
    個人的な意見ですので参考までに聞いておいてください。
    煮ても焼いても美味しい鴨!私は枯れたブルゴーニュ飲むと異常に鴨が食べたくなります。
    何故だかわかりませんが・・・・・ワインセラーにいいのがありますよ〜。

    週末にはアイスランド産仔羊も入荷予定
    です。これから愉しみな季節ですね。
     

    コメント
    金澤、見ました!
    ほんとに素敵なお店ですね!
    これからも
    お互い頑張りましょうね(^-^)v
    • 田賀麻弓
    • 2015/10/15 5:09 AM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM