ワイン会

0

    12月に入りましたが、店はまだ落ち着いた雰囲気です。

    例年、忘年会が終わる20日頃から忙しくなります。

    新しいスタッフも入り、新年に向けてテンション上げていきます!

     

    常連さんが「エノテカ大阪」のソムリエールさんを連れてきて

    みんなで飲みました。

     

     

    右のワインは、英国ワイン商「ベリーブラザーズ」のセレクション。

    生産者はジャン・クロード・バシュレ

    正直そんなに期待していなかっただけに、美味しくてビックリしました。

    ただの村名ワインですから・・・仕入値段もそんな感じで・・・

    香り漂う素晴らしワインで丁度飲み頃でした。

    低温から室温までそれぞれの温度帯、時間で楽しめました。

    (在庫なし)

     

     

    左のワイン「シャルル・ノエラ」は現在、ワイン商「セリエ・デ・ウルシュリーヌ」の

    ブランドの一つで飲み頃のブルゴーニュワインを世に送り出しています。

    日本でも今年に入ってよく見かけるようになりました。

    以前のルモワスネのように安くて飲み頃のワインを飲みたい人には一押しです。

    80年代までは自社生産していて、私も以前ドメーヌ物のリシュブール、ヴォ―ヌ・ロマネ

    を飲みました。非常にいい状態の古酒で畑を売却した今も、その姿勢は受け継がれているのでしょう。

    ちなみにその畑をラルー・ビーズ・ルロワ女史が購入し、名門「ドメーヌ・ルロワ」が誕生しました。

     

    2006 パヴィヨンRマルゴーはまだガチガチです。10年後でしょうか。

     

     

    1987 ポマール ロベール・アンポ―

    ※現品はお客様が持ち帰ったので、写真は同じ生産者の在庫ありのワインです!

     

    長期熟成型のクラシックな生産者。始めの10年位は「酢か」と思うほど

    すい〜のですが、だんだんと酸味が和らいで本来の実力が発揮されます。

    約30年、以前サヴィ二イ・レ・ヴォ―ヌの76年を美味しくて2004年頃にバカ売り

    していましたが、ポマールはまだもう少し待ってみたい感じでした。

    5年後かな(もう一本あると思っていたら最後の一本でした(涙))

    ちなみに白ワインで有名な造り手ですが赤もいいですよ。

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM