深夜のワイン会

0

    今週末には桜が開花しそうです。店の植物も葉っぱ出てきました。

    今年の大雪が大変だっただけに春は最高だ!春野菜も揃てきました。これからいい季節です

     

     

    イタリア産のホワイトアスパラガスの入荷しております。

    国産やフランス産など、いろいろと使っていきます。

     

    そして深夜のワイン会、今回のワインはこちら。

     

     

    NV.Jラサール・ブリュット・ロゼ     ¥11,000 (写真左)

          NVですが瓶熟成したロゼ、ちょうどいい感じになってきました。

          最近の流行の造りではないですが、ほっこりとした安心感のあるシャンパンです。

     

    2008 ボーヌ・ブラン1er Cru”Les Aigrots" ミシェル・ラファルジュ   ¥10,000 (写真右)

      力強い味わいで芳醇な香りを放っていました。温度高めで本領発揮です。

        ちょうど飲み頃です。

     

     

    2014 ブルゴーニュ・ルージュ"Le Chapitre"  ドメーヌ・ビゾー  ¥19,800   (写真右)

                   以前白を飲み美味しかったので、今回は赤を!特徴的なのは「松茸」の香り

                   プリューレ・ロックも同じく「松茸」感じます。

                   美味いです。広域表示のルージュですが味は1級クラスです、価格もそんな具合ですが。

     

    2008 ポマール"Les Vaumurienes"  コシュ・デリ  参考商品

                   飲み頃の入り口、酸味もまだありますので食事と合わせて飲むといい感じではないでしょうか。

                   白の巨匠ですが赤もなかなか良いです。あと8年後くらいがベストでしょうか。

     

     

    ギョーム・セロス "Au Dessus du Gros Mout"    参考商品

                 シャルドネ100%、これは相当レアなシャンパン!

                 アンセム・セロスの息子が造ったシャンパンだそうです、私も初めて見ました。

                 ネットでもほとんど見かけませんし、売り切れの商品の価格はプレミア価格。

                 飲んだ感じはまだまだ若々しく2,3年置いておくと本来の実力が出るのかな。 

                 後味に強めの樽香が残りますが、意外とスルスル飲めてしまいます。

                 セロスの弟子っていうのは多くいますが、いよいよ実の息子が登場です。今後の注目株ですね。

                 暫くは生産量も少ないので価格は高めで推移しそうです。

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM