コラヴァンCORAVIN

0

    今までグラスワインは(ハウスワイン)スパークリング、白、赤の各1種類しかありませんでした。

     

    ハーフボトルを多めに揃えていましたが、どうして生産者が限られるのと

    いいワインをボトルで空けた後「最後に一杯」って時にハーフもいらないし・・・

    ハウスワインじゃねぇ〜。お店的にはロスも出るし。。。

    で数年前から話題の「コラヴァン」購入してみました。

     

     

     

     

    始めたばかりなので分かりませんが、長く使っている飲食店もあるようなので

    きっと大丈夫そうです。今後様子をみて高級なワインもグラスで提供できればと

    考えています。ちなみに当店はグラス一杯120ccです(90ccくらいのお店もあります)。

    価格はすべて税込みとなっております。

     

     

     

    7月14日()は営業しております

    宜しくお願い致します。

     

     

     

     

     

     


    ワイン会

    0

      12月に入りましたが、店はまだ落ち着いた雰囲気です。

      例年、忘年会が終わる20日頃から忙しくなります。

      新しいスタッフも入り、新年に向けてテンション上げていきます!

       

      常連さんが「エノテカ大阪」のソムリエールさんを連れてきて

      みんなで飲みました。

       

       

      右のワインは、英国ワイン商「ベリーブラザーズ」のセレクション。

      生産者はジャン・クロード・バシュレ

      正直そんなに期待していなかっただけに、美味しくてビックリしました。

      ただの村名ワインですから・・・仕入値段もそんな感じで・・・

      香り漂う素晴らしワインで丁度飲み頃でした。

      低温から室温までそれぞれの温度帯、時間で楽しめました。

      (在庫なし)

       

       

      左のワイン「シャルル・ノエラ」は現在、ワイン商「セリエ・デ・ウルシュリーヌ」の

      ブランドの一つで飲み頃のブルゴーニュワインを世に送り出しています。

      日本でも今年に入ってよく見かけるようになりました。

      以前のルモワスネのように安くて飲み頃のワインを飲みたい人には一押しです。

      80年代までは自社生産していて、私も以前ドメーヌ物のリシュブール、ヴォ―ヌ・ロマネ

      を飲みました。非常にいい状態の古酒で畑を売却した今も、その姿勢は受け継がれているのでしょう。

      ちなみにその畑をラルー・ビーズ・ルロワ女史が購入し、名門「ドメーヌ・ルロワ」が誕生しました。

       

      2006 パヴィヨンRマルゴーはまだガチガチです。10年後でしょうか。

       

       

      1987 ポマール ロベール・アンポ―

      ※現品はお客様が持ち帰ったので、写真は同じ生産者の在庫ありのワインです!

       

      長期熟成型のクラシックな生産者。始めの10年位は「酢か」と思うほど

      すい〜のですが、だんだんと酸味が和らいで本来の実力が発揮されます。

      約30年、以前サヴィ二イ・レ・ヴォ―ヌの76年を美味しくて2004年頃にバカ売り

      していましたが、ポマールはまだもう少し待ってみたい感じでした。

      5年後かな(もう一本あると思っていたら最後の一本でした(涙))

      ちなみに白ワインで有名な造り手ですが赤もいいですよ。

       

       


      ルビーロマン

      0

         

        大変、ご無沙汰しております。

        もうすぐ20周年なので、気合いを入れ直してまた書いて発信していきます。

         

        写真はルビーロマンワイン!

        高級ワインですが取引先のサカイダフルーツの社長さんに頂きました。

         

        想像していたよりも(失礼ですが)いい出来栄えです(笑)。記念日にいかがでしょうか。

         

        近所は「つる幸」、「チカ―ラ」さんが閉店し、「レオンLEON」というピザ屋さんが今月開店

        ホテルやマンションも次々と今後開業するようで・・・・

        この街も変わっていきそうです。


        再会

        0

          今週、月曜日、火曜日の2日間、東京から2年ぶりに来店していただいたMご夫婦と飲みまくりました。

          前回、初めてふらっと来て頂いた時も2日続けて来て頂き、意気投合して盛り上がったのですが

          今回も大いに盛り上がりました!同世代でワイン好きで、とことんいく人達です。初日は3人で

           

           

          2日目朝、一緒に近江町市場で仕入れをして

           

          昼に「小松弥助」に誘ってもらい、一緒に食事をして・・・チョット2日酔いでしたが

          日本酒を呑み、美味しい鮨を食べて元気になって

           

           

          その夜はM様のお父様も来られて4人で・・・・・

           

           

          人の出会いは不思議です。そして素晴らしいですね〜ワインが繋いでくれた出会いです。

          そして多くの人たちに応援してもらって20年近くもお店を続けてこられました。

          感謝、感謝です。そしてもっともっと良いお店にしていきます。弥助さんくらいになりたいな〜

           

           

           

          近江町市場の干物屋さんで売っている。M様おすすめのレーズン

           

          そして奥様の関連書籍(写真下)

           

           

           


          お久しぶりです。

          0

            急に涼しくなって、厨房もかなり過ごしやすいです。

            夏の間、ビール飲み過ぎて少し太りましたので、ダイエットしようかと・・・

             

            大変ご無沙汰しております。。8月は営業は静か〜でしたが

            店前の改装やバックスペースの整理整頓などで夜な夜な忙しくしておりました。

            取り敢えずは終了しまして、また料理に集中していきたいと思います。

             

            夏はビール!開店以来19年「ハートランド樽生」を使ってきましたが、

            この秋から「ハイネケン樽生」に変えます。

            理由は一つ、この看板をつけたかっただけです。

             

             

            そして先月、以前ラ・コンティで働いていて結婚した夫婦がやってきて飲みました〜。

             

             

            同窓会みたいな感じで昔話で盛り上がって飲み過ぎました。

            ちなみにシャトー・フィジャックは2日前に「ラシック」の榊原さんが差し入れしてくれたものを

            とっておいて、3人で頂きました。美味しかったです、ありがとうございます。

             

            そして、かなり前で書くタイミングを逃していましたが

            「ル・クリマ」の宝金さんにゴチになったワインです。

             

             

            16年経ち、なかなか良いですよ〜あと2本在庫あります。 ¥12,800

             

            2人とも私よりも年下ですが、優しい人たちでありがたいです。

            宝金シェフは「ラ・ネネグース」、榊原シェフは「ロベール・デュマ」

            当時それぞれシェフとラ・コンティに来て頂いて、何年も経てレストランオーナーとして

            再会できることは嬉しい限りです。そしてワインをご馳走して頂いて・・・・

            子持ちは高価なワインなかなか飲めませんので、また宜しくお願いします。

             

            いよいよワインの美味しい季節です。

            ハイネケンもありますが美味しいワインをどうぞ。

            ちなみに数年ぶりにホームページのワインリスト更新しましたので興味のある方はどうぞ。

            では2017年後半戦、宜しくお願い致します。

             

            ※サマー(秋)トリュフも不定期ですが入荷しておりますのでお問い合わせください。

             

             

             

             

             

             


            甲州

            0

              春ですね〜。息子は4月から小学生!あっという間に大きくなって

              自分がそれだけ年を取ったということです。

              で、”めでたい”ということで「祝い酒」

               

               

              2015 甲州テロワール・セレクション”祝” 勝沼醸造  

               

              フランスワインばかり飲んでいますが、今年からそろそろ日本ワイン飲んでいこうかと思い

              まずは日本の代表品種、甲州を使ったワインから。以前他国で造った甲州ワインが美味しくて

              ビックリした記憶から甲州に良い印象がありました。漫画「神の雫・マリアージュ」でも紹介され

              ていたので飲んでみました。

              旨い!日本ワインは試飲会などで飲んだ記憶しかありませんが、これは旨いです。

              フランスワインに通ずる上品さ洗練されたワインで違和感なくラ・コンティの雰囲気で飲めます。

              漫画では「ラタトゥイユ」と合わせていました。これからの季節にピッタリですねぇ〜。

               

               

              そして「プティ深夜のワイン会」で飲んだワイン

               

               

              ジャックセロス”リューディ” AMBONNAY le bour du clos

               

              ピノ・ノワール100%、力強く洗練されていて余韻に土のニュアンスを感じます。

              強い個性ですが最後まで飲み飽きしない・・・・私もこういう料理を作っていきたいです。

               

               

               

              2008 ヴォ―ヌ・ロマネ1er Cru"Les Beaux Nonts"   ベルターニャ  ¥14,800

               

              「ル・クラスマン」2つ星やパーカー高得点などの宣伝文句にひかれて数年前に購入、そろそろかな〜

              と思いまして飲みました。エレガントで端正なスタイルでシャンボールに通じる味わい。

              ヴォ―ヌ・ロマネの中でも透き通った透明感がある。インパクトはないですが

              ポンソに近いタイプかな・・・・良いですね~。やっぱりフランスは旨いな!

               


              再会

              0

                先週末、東京から私のメンターの一人であるS氏が遊びに来て頂きました。金沢に

                在住されていた頃に仲良くして頂きまして、転勤後も続いています。

                10年後、20年後、30年後、自分がそうなれるように目標になる人が私にはいます。

                自分がその年齢、立場になった時に自分より若い人対してどう接すればいいか…など

                勉強させて頂いております。お店を始めた頃は自分より年上のお客様ばかりでしたが

                最近は年下の若い方も多く来られます。そんな時に今まで自分が出会った年上の方を

                参考に接しています。「こうしてもらって嬉しかったなぁ」など思い出しながら…

                18年もやっていますと、いろんな人を見てきましたが私いいなぁと思える人の

                共通点は「わかちあう」です。みんなで楽しむ、年齢や立場も関係なくみんなで楽しむ!

                これです。出来そうでなかなか出来ないものですが、そこを目指していきたいです。

                で、一緒に飲んだワインを紹介します。

                 

                 

                2005  ブルゴーニュ・ブラン"Renommée"    ルモワスネ    ¥6、800

                 

                古酒の専門のネゴシアンでしたが、オーナーが変わり最近は若い年代のワインをリリースしてきます。

                2,3年前売り出しされた頃は、可も不可もないワインでしたが。美味しくなっていました。

                前オーナーの時代はこれくらいになってから非常にリーズナブルな価格で販売していたものです。

                昔は手頃なブルゴーニュワインダントツのNo1でした。今はセラーで何年か寝かすといいですね。

                2010年以降のものはスタイルが以前と違いますので、それ以前の物がお勧めです(個人的にはです)。

                 

                 

                2008  クロ・フロリデーヌ・ブラン     ¥7,000

                 

                セミヨン、ソーヴィニョンブランを主体に厚みのある熟成感のある味わい。

                フルーティというよりは熟成したソーテルヌの様な雰囲気のあるワインです。

                好みの別れるところでしょうか。

                 

                 

                2003  シャトー  ラ・フルール・プレ       AOCサンテミリオン     ¥7,000

                 

                シャトーフィジャックのオーナーが2002年より造るワイン。

                メルロ主体でタンニン、黒い果実味、スモーキーな香りのバランスが素晴らしい。

                こなれた感が出てきたところです。今でも美味しいですが、こらからもっと美味

                しくなりそう。コストパフォーマンス大ですよ〜。

                 

                 

                同じ日にシャトー・ ラトゥールの持ち込みの方がおられたので一杯ご馳走になりました。

                持ち込み可能です。¥3,500税込頂いております、お店にはラトゥールありませんので

                こういう高級銘柄は是非持ってきてください。

                 

                 


                休日

                0

                  iPhoneImage.png

                   

                  本日、1月最後の休日はポカポカで気持ちのいい日になりました。

                  昨年プティ改装した中庭でベンチに座ってゆっくりと空を眺めて

                  コーヒーなどをのんでいました。街中ですが外からは見えませんので、

                  ゆっくりできます。

                   

                  iPhoneImage.png

                   

                  春の気配がして来ました。今年もどんな一年になるのでしょうか。

                  気になるのは鳥インフルエンザ、遂に石川県でも確認されたようですが

                  ヨーロッパではフランス以外でも発生して今後鴨、フォアグラの輸入がどうなるのか心配です。

                  フランスは一年以上輸入が止まっています。

                  18年間、たまにこういうこともありましたが、ここまで長期間は初めてです。

                  私的には鴨がないフランス料理はあり得ません。フランスワインとの相性は抜群ですし、

                  和牛に比べると安価で美味しさは引けを取りません。

                   

                  フランスといえばワイン!ということで先週「ラシック」の榊原ご夫妻と

                  飲んだワインを紹介します。

                   

                   

                  2002   シャトー・ソシアンドマレ      ¥11,800

                   

                  オーメドックのブルジョア級 ですが評価味わい共に格付けシャトークラスです。

                  昔、いろいろとコンテストなどで話題になっていました。最近は特別注目も

                  されていないかもしれないですが 、カベルネ主体のクラシックなボルドーの

                  お手本のようなワインでした。マダムがカベルネ好きだということでチョイス。美味かったな〜。

                  ワインを勉強中ということでしたが、難しく考えずとにかく「飲む飲む飲む!」

                  これしかないです(持論です)。

                  ワイン造るなら大変ですけどね〜旨いかどうかは誰でもわかります。

                  銘柄と味を記憶する・・・・これは大変か、でも大丈夫。私もあやしいですから。

                  お店を好きで来てくれる人はマダムの選んだワインを飲んでみたいと思っています。

                  「不味い」とか言って文句言ってきたら、他にいってもらえばいいんじゃないですかね〜

                  合わない人っていますから、その人の好みは本人以外100%は、わかりませんので

                  一生懸命&気軽にいきましょう(参考までに)。

                   

                  私も昔は自分の飲んだことのないようなワインのことを話(自慢)されると

                  自信なくす・・・と言いますか悔しいと言いますか・・・ありましたが

                  おかげさまで酒の神バッカスにいい経験をさせて頂いたおかげで自信つきましたし、

                  何と言いましょうか。高いもの飲んでるからワイン通だなんだということはありません。

                  あえて文句言っていい人と言えば生産者かなぁ、造る難しさも理解した上で、しかも自分も

                  批判される立場であるので、でも批判するのは良くないですね〜嫌いだ!

                  「あかんな〜」

                  これくらいでいいんじゃないですかね。

                   

                  そしてもう一本

                   

                  2013 ル・プティリオン・デュ・マルキ・ド・ラスカーズ   375ml     ¥4,800 リスト未掲載

                   

                  ラスカーズのセカンドワイン。以前はクロ・デュ・マルキがセカンドとなっていましたが、

                  今ではこちらがセカンドワインとなっています。

                  こっちは飲んだことありませんでしたので、若いですが経験として開けて見ました。

                  予想通り2002ソシアンドマレの後では物足りないですが、ラスカーズやクロデュマルキとは 違った印象です。

                  メルロが多いせいか…他の2本とは違う柔らかいというか、別ラインのようでうです。

                  これはこれでありかな^_^(批判ではありませんよ)

                   

                   


                  2016年

                  0

                    今年も雪が少ないですね。いいような悪いような....

                    しかし本日23日は寒い....です。暦通りになるものです。

                    ところで遅くなりましたが、昨年末お客様と飲んだワインを紹介します。

                     

                    まずはドクター O氏と飲んだのもを

                    アンリ・ジロー Grand Cru" hommage. François Hémart" ¥12,800

                     

                    黒葡萄主体のシャンパンで、程よく熟成され香りコク共に素晴らしいバランスです。

                    この価格帯ではずば抜けた品質です。旨い^_^。


                    2013 ブルゴーニュ・ブラン カシャ・オキダン ¥6,200

                     

                    ボリュームがあり チョロっとコルトンぽい感じの....テロワールも感じられます。
                    Good やね〜。

                     

                    そしてワイン好きの姉妹S様と飲んだワインは

                    シャンボール・ミュジニー1級" Charmes フレデリック・マニャン ¥12,900

                     

                    上質のブルゴーニュを手頃な価格で提供してくれるマニャン。

                    最近さすがに少し価格も上がりましたが、それでもまだまだ良心的です。

                    若干濃いめの作りですが洗練された綺麗なブルゴーニュ。マニャンは昔から

                    かなりの本数飲んでいますが 年々良くなってきています。

                    この生産者も独特の香りありますね〜『マニャン香 』とでも言いましょうか.....

                    樽の個性かと思います(あてになりませんよ〜)。



                    ユレ・フレール ブリュット"Invitation". ¥7,800

                     

                    ソレラシステムによるリザーヴワインが30%使用されているそうです。

                    これは,なかなか良いです、こなれた感&飲みごたえも十分、シャンパンにしては抵価格帯です。

                    コストパフォーマンス大ですね。お薦めです!

                     

                    今年もまた一緒に盛り上がりましょう!宜しくお願いいたします。

                     

                     


                    出会い

                    0

                      ご無沙汰しております。あっという間に今年も残り2か月になりました。

                      なんとなくソワソワしてきました。今日は近江町市場でもハロウィーンということで

                      子供たちにお菓子をプレゼントしたりしていました。うちの子もハロウィーンは

                      凄く楽しみにしていて、なかなか良いイベントだなと思います。

                      大人がやたらと盛り上がっているのはどうなのかな・・・この辺りは静かなので気になりませんが。

                       

                      今週は久しぶりにマエストロY氏が来られました。年末になるとこちらでの仕事が入るのか

                      たまたまなのか、この時期恒例な感じになってます。もの凄いパワフルな方なので会うと

                      パワーもらいます。一緒にワインを飲んでお話をさせていただくと、音楽業界も飲食業界と同じだな〜

                      と感じることも多く、いろいろ参考になります。クラシック音楽をされている人はヨーロッパでの

                      修行時代にワインの楽しみを覚えたりで、本当にワイン好きが多いです、そしてよく飲みます。

                      この辺も料理人と似ているのかもしれません。

                      Y氏は飲み頃に特にこだわってワインを選ばれます。今回のセレクトはこんな感じです。

                       ※VOLNAYは1994年、MOREY-SAINT-DENISは2002年です。

                      都会から来られたワイン好きの人は当店のワインリストを見て皆さんビックリします。

                      「こんな年代のものがまだこの価格であるのか」と....物凄〜く嬉しいです。

                      大事にワインを何年も寝かさせてあった甲斐があります。長く店をやってきた成果です自画自賛。

                      そして、そのようなお客様は料理も大変お好きで、ワインと料理の「マリアージュ」ってのを

                      みなさん楽しんでおられます。レストランをより楽しむ方法ですね。

                       

                      マリアージュ」といえば漫画「神の雫ー最終章ー」の最新号で作者の考え方が語られていました。

                      この漫画はワインの好みなども非常に共感できる部分が多かったのですが、料理に関しても

                      「おおおお。そうだ!」と納得のいく内容です。ご興味ありましたら是非ご覧ください。

                      そして同じ日にブラジルからやってきた素敵なカップル。ワインも料理もいいセレクトでフランス語のメニューも

                      わかっていたので飲食関係者かと思ったら、ミュージシャンでした。お礼にとCDをいただきました。

                      ブラジルらしい、いい音楽だ・・・オブリガード!本当に良い出会いでした。レストランは素晴らしい。

                       


                      | 1/4PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728293031
                      << August 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM