深夜のワイン会

0

    今週末には桜が開花しそうです。店の植物も葉っぱ出てきました。

    今年の大雪が大変だっただけに春は最高だ!春野菜も揃てきました。これからいい季節です

     

     

    イタリア産のホワイトアスパラガスの入荷しております。

    国産やフランス産など、いろいろと使っていきます。

     

    そして深夜のワイン会、今回のワインはこちら。

     

     

    NV.Jラサール・ブリュット・ロゼ     ¥11,000 (写真左)

          NVですが瓶熟成したロゼ、ちょうどいい感じになってきました。

          最近の流行の造りではないですが、ほっこりとした安心感のあるシャンパンです。

     

    2008 ボーヌ・ブラン1er Cru”Les Aigrots" ミシェル・ラファルジュ   ¥10,000 (写真右)

      力強い味わいで芳醇な香りを放っていました。温度高めで本領発揮です。

        ちょうど飲み頃です。

     

     

    2014 ブルゴーニュ・ルージュ"Le Chapitre"  ドメーヌ・ビゾー  ¥19,800   (写真右)

                   以前白を飲み美味しかったので、今回は赤を!特徴的なのは「松茸」の香り

                   プリューレ・ロックも同じく「松茸」感じます。

                   美味いです。広域表示のルージュですが味は1級クラスです、価格もそんな具合ですが。

     

    2008 ポマール"Les Vaumurienes"  コシュ・デリ  参考商品

                   飲み頃の入り口、酸味もまだありますので食事と合わせて飲むといい感じではないでしょうか。

                   白の巨匠ですが赤もなかなか良いです。あと8年後くらいがベストでしょうか。

     

     

    ギョーム・セロス "Au Dessus du Gros Mout"    参考商品

                 シャルドネ100%、これは相当レアなシャンパン!

                 アンセム・セロスの息子が造ったシャンパンだそうです、私も初めて見ました。

                 ネットでもほとんど見かけませんし、売り切れの商品の価格はプレミア価格。

                 飲んだ感じはまだまだ若々しく2,3年置いておくと本来の実力が出るのかな。 

                 後味に強めの樽香が残りますが、意外とスルスル飲めてしまいます。

                 セロスの弟子っていうのは多くいますが、いよいよ実の息子が登場です。今後の注目株ですね。

                 暫くは生産量も少ないので価格は高めで推移しそうです。

     


    深夜のワイン会

    0

      先月に続き今月の寒波も物凄かったですね!

      店もその週は4日間お休みしました。宅急便は来たり来なかったり・・・・

      今から稼がんといけません。が連休明けとまだ寒いので静かです、・・・・・。

      フランスでまた鳥インフルエンザが発生!低病原性ということで一部のエリアの

      鴨はまだ入ってますが、シャラン鴨はまた止まりました(ショック大)。

      エゾ鹿も大雪のせいなのか入荷なしで、よわっています・・・仔羊か豚だ。

      春野菜も遅れていますね。

       

      オリンピックも開幕したし、後半は盛り上がっていきましょう!

      個人的には高梨選手、メダルとれて良かった。4年間悔しかっただろうから。

      あんなに小さいのに。。。。。。頑張った頑張った。

       

      今年最初の深夜のワイン会、今年も宜しくお願い致します。美味しいワインを飲みましょう!

      飲んだのは1月最後の週末で、この時はこんなに大雪になるとは思ってもいませんでした。

       

       

       

       

      飲みました〜!白もあったのですが写真撮るのを忘れていました。

      すみません、チョット日にちも経ってしまい今回は細かいコメントはパスです。

      気合いが足りない感じです・・・・・・

      大雪のせいにしておきましょう( ´艸`)

       

      久しぶりに新世界で安くて美味しいワインを探してみようかと

      何本か飲みました、が無理に使わなくてもいいのかなぁ〜という感じでしょうか

      ボルドーワインは安くて美味しいワインがたくさんあります。

      ネットなどで6本セットで送料無料とかありますので、良いんじゃないでしょうか。

      エムザの酒屋さんでもたまにやってますね。たまに「おおおおおっと」ってのがありますよ。

       

      最近はピノ・ノワールがお店でも人気なのですが正直、高いです。

      このワイン会でもシャンパン以外は、ほぼブルゴーニュです、美味いけど・・・・

      いろいろと在庫ありますが、気軽におすすめは出来ません。

      当店はビストロですので、通常は3〜5千円のワインを飲まれる方がほとんどです。

      こういうワインは趣味の領域です。私も好きなので半分趣味でおいてます。

      車好きの人が乗る高級車と、ファミリーカーの違いでしょうか。

      勿論、私もいつもこんなワインばかりではありませんよ(残念ですが)。

       

      でもたまに飲むと「やっぱり美味しいんです」。高いのも仕方ないですね。

       

       


      祝19周年!& 深夜のワイン ROMANÉE CONTI

      0

        ご無沙汰しております。

        11月6日をもちましてラコンティは19周年を無事に迎えることが出来ました。

        特別感じることはありませんが、来年は20周年と思うと「来たな〜」て感じです。

        まだまだこれからですが、来年は「初めて自分で自分を褒めてやろうと思います」by有森裕子

         

        11月5日は日曜日、翌日も第一月曜日でお休みでしたので、

        深夜のワイン会メンバーのk御夫婦と私たち家族で「小松弥助」に伺いました。

        通常は11時30分から営業なのですが終日予約が取れず、

        どうしてもってことで、10時20分から1時間だけお願いしました。私には朝食の時間です。

        久しぶりに親父さんの元気に仕事をこなす姿を見て「すごいな〜」です。

        ここから夕方まで休まず、ず〜っと握り続けます、この年齢で・・・私も頑張ります!

        お弟子さんもいっぱいで、以前よりは立派な雰囲気になりましたが温かさは変わりませんでした。

        お店を閉めている間、京都にあるソフトバンクの孫さんの別荘に呼ばれて握っていたそうです。

        そのせいか京都に店を出すという噂が全国的に流れました。

        そんな人の鮨を金沢駅前で食べれるのは幸せなことです、ただ予約はなかなか取れません。

         

         

        店を出て11時30分。いつもならこれからの時間です、

        なので2次会で「ラシック」さんに伺いました。連休最終日で忙しいところ

        無理やり入り込んで「深夜のワイン会」スタートです。

        通常はランチ食べないとダメですが、この日はチーズと前菜でワインを愉しみました。

        実は金沢は昼に美味しいワインを気軽に飲めるところは意外とない。

        コースでランチを食べるお店ならありますが、ビストロはないですね

        飲める店はありますが、いいワイン置いている店はないかな、私の知る限り。

        とりあえず目覚めのビールしか飲んでいなかったので この2本を

         

         

        ワインはやっぱり美味いな〜そして雰囲気も大事です。しいのき迎賓館のテラスも

        良いですが、また違った良さがあります。

        この日はマダムもいらして、いつも以上にアットホームな雰囲気で・・・ラシックいいな。

         

        そしてラコンティに移動してあのワインを・・・・

         

            ロマネ・コンティ ROMANÉE CONTI  1997  

         

        あまりワインに詳しくない方でもドンペリとこれは知っているのではないでしょうか

        まさに「世界一のワイン」。水戸黄門の印籠みたいなものでこのラベルを見ると

        おおおおおっとなります、ワイン愛好家の憧れの逸品です。

        ここ数年は本当に高価になって普通飲めません・・・知らない方は調べてみてください

        ビックリします、これだけワインに携わっていても何度聞いても「嘘やろ〜」です。

        いろいろ飲んでいるという人達もこれだけは飲んだことがない人が多いです。

        k様本当に本当にありがとうございます。一生ついて行きます(笑)。

        ブログ初回にも書きましたが、私は2回目です・・・自慢してますアハハハハ。

        前回はk御夫婦含め8人(気が付いたら増えていました)いたので

        チョット物足りませんでしたが今回は3人でゆっくり満喫しました。

         ●●「言葉はありません」●● byマダム・ルロワ  幸せです。バッカスに感謝です。

         

        うちも小松弥助くらい忙しくなったら自分で買って飲めるのかなぁ〜もしくは宝くじ(涙)・・・

        また再会出来る日を夢見て。

        世界一の鮨とワイン!思い出に残る素晴らしい一日でした。

         

         


        深夜のワイン会

        0

          9月も残り一週間2017年もあっという間に残り3か月余りとなりました。

          今月は不思議と久しぶりに再会する人たちが多い月でした。

          気が付けば11月には19周年、開店した頃よりはかなり自分もお店も成長していると感じています。

          常に100%自分のイメージ通りの料理を作れればいいのですが

          チョットしたミスや、食材がいまいちだったり・・・いろいろと後悔することもあります。

          「俺やるな〜」って時もあれば「駄目だ、何やってんだ」って思う日もあります。

          ダメなときは皆さんに残念な思いをさせてしまって申し訳ございません。

          仕事をしている人はみんなあるのでしょうけれど。

          たまに「壁、感じたことない」という強者もいますが・・・私は壁の連続です。

          「死ぬまで勉強」と言いますが、本当にそうだな〜と最近実感しております。

          最近ドハマリしております「コード・ブルー」を見ていると

          わかるわぁ〜!です。そして関係ない話ですが泣けます・・・子供がらみはダメです。

           

          今月は子供とのイベントがありました。”親子スイーツ教室”&”町会の運動会”

          どちらも私は世話役で朝から準備で今月はチョット疲れました。

           

           

           

          ところで深夜のワイン会、今回飲んだワインはこちら

           

           

          シャトー・ダヴィーズ”Foliage" エクストラ・ブリュット   ¥13,800

           

          有名コンサルタント、エルヴェ・ジェスタン氏が手掛ける。繊細で力強い味わいでカチッとしています。

          以前、醸造長を務めていたデュヴァル・ルロワと通じるスタイルかな。旨いです。

           

           

          2014  ブルゴーニュ・ブラン"Les violettes"      ドメーヌ・ビゾ   ¥19,800

           

          一度飲んでみたかったワインです。非常に珍しいヴォ―ヌ・ロマネの白。期待を裏切らない、

          期待以上の美味しさでした。チョット高いですが価値あります。在庫はありません。

           

           

          2002 ジュヴレ・シャンベルタン1er Cru"bel air"      トプノ・メルム ¥15,000

           

          少し強め酸味がまだありますが、美しく透明感のあるジュヴレ・シャンベルタン。

           

           

          2004 シャトー・タルボ  サンジュリアン  ¥9,500

           

          黒系でまだまだ力強く、現在も美味しく飲めますが10年くらいしたら本領発揮しそうです。

           

          〆に

           

           

          2011 シャンボール・ミュジニー1er Cru”Les Charmes"  ドメーヌ・ルロワ  参考商品

           

          いよいよワインの美味しい季節になりました。これからは赤ワインが美味しいですね。

          皆様飲み過ぎには注意しましょう。

           

           

           

           


          深夜のワイン会

          0

            8月に入り、お店も急に静かになりました。

            暦の上では秋になり、私も仕事後ビールから白ワインに・・・・

            最近、ドクターヘリ「コード・ブルー」見ながら飲んでいます。

            ドラマの中の子供と自分の子供がダブってしまい・・・はまっています。

            泣かせるところでいい音楽が流れて来るんです。泣けます

            私はテレビが大好きで、ないと生きていけません。

             

            こちらもチョット前になりますが深夜のワイン会

            今回飲んだワインはこちら。

             

             

            NV アンリ・ジロー"Esprit" ブリュット・ナチュール   ¥12,900

             

            ピノ・ノワール主体でゴージャスで芳醇なイメージのアンリジロー。

            ナチュールで優しさの中にしっかりとした味わいがあり、桃との相性抜群です。

             

            2004 シャンボール・ミュジニー1er Cru"les Charmes"   ¥12,900

            (写真撮り忘れです)

            マニャンらしい果実味豊かなシャンボール、まだまだこれから美味しくなりそうな気配でした。

             

             

             

             

            2011  シャンボール・ミュジニー"Les Fremiers  ドメーヌ・ルロワ  参考商品

             

            よくこの会で旨い旨いと言って飲んでいますが。改めてどういうワインかを・・・・・

            ワインマニアの方はよくご存じかもしれません。が、しかし・・・・なかなか飲めないのがルロワのワイン。

            近年のブルゴーニュワインの人気によって価格も急上昇してしまいました。

            本などを読むと80年代前半までブルゴーニュの生産者の多くはワインだけでは生活できず

            牛を飼ったり、出稼ぎなど大変だったようです。(DRCなども大変だったと本に書いてありました)

            そいう意味ではこの世界的なワイン人気は生産者の皆さんにとっては正当な評価を受けて素晴らしいことです。

            昔からのワイン愛好家にとっては残念な部分もありますが、この辺が妥当なところかもしれません。

            今でもフランスワインの中には1000円以下で美味しいものが結構ありますし

            私の得意分野でもあります。(但しブルゴーニュはありません)。

             

            そしてマダム・ルロワ。

            ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティの元共同経営者というのが一番有名なところでしょう。

            生誕時にミュジニー1929で唇を湿らされたという話もあるようです。また

            その天才的なテイスティング能力で、自家元詰を行う前の、神と呼ばれたアンリ・ジャイエの

            ワインを買い付けてメゾン・ルロワのワインとして売っていたそうです。

            現在かなりのご高齢でもありますので、今後さらなる値上がりは必至と思われます。

             

            ワインはと言いますと、素晴らしい凝縮感と絹のような滑らかな舌触り、そして何より芳醇な香りが印象的です。

            そしてどことなく親しみやすさがある感じがします。温かさ・・・私の目指すお店とも重なります。

             

            マダムが「ワインの本質に等しい言葉などありません、ワイン自信が畑を物語るのです。」と言っています。

             

            ワインをどうのこうの・・・私も含め造りも出来んやつがワインについて文句を言ってはいけません。

            すべてわかった気になって語っている奴はアホですねぇ〜。最近そういう人は周りにいませんが、

            文句あるなら自分で造ってみんなに飲ませてくれって思ってしまいます。

             

            ついでに「自然派です」を売りにしているワインやお店。

            料理もそうなのですが、天然だろうが無農薬だろうが美味しくないと意味がありません。

            美味しいのもを突き詰めていくと結果そういうことになっていくのかもしれませんが・・・

            多少は仕方ないにしても、そこは自然にいってほしいところです(私の個人的意見です)。

             

            長くなりましたが、この言葉が一番私がマダムに共感出来るところかもしれません。

            ものづくりを仕事としている人は共感して頂ける人も多いのではないでしょうか。

            私もいつかそういう立場になって思いっきり言ってやりたいです。

            今夜も毒吐いてしまいました。

             

             

            只今改装中(DIYです)のお店の入り口!(向かって左の壁をツタ植物が昇ってくる予定です。S様の提案頂戴しました)。

            来年のお楽しみです。もう一つ小さいテントもつけてこの辺りで立ち飲み出来るよにしようかと・・・・・・

            そして、ちょっとピンクにしてみました。若いお客様も最近増えてきているのですが

            どうしても記念日の利用が多いので、普段使いでも来てもらえるように可愛くしてみました。

            年のせいか礼儀正しい若い人が来てくれると嬉しいです。若いっていいですねぇ〜

            勿論、おじさん、おばさんも歓迎です。

             


            深夜のワイン会&スーパーワイン会

            0

              いよいよ暑くなってきまして。春から夏へ移り変わってきました。

              これからは屋外のイベントが数多くありますので、お楽しみ満載です!

               

               

              さて先先週末、仕入れの帰りに「チュー金石店」に行ってきました。

              なぜそんな遠くに・・・・普通そう思いますね〜。

              実はこの深夜のワイン会の時に幾度となくKご夫妻が「旨いで〜」と言っていたので

              日本中の美味しいものを食べつくしている二人がそこまで言うならば。ということで・・・

               

              金石のバスターミナルのちょっと先。金石商店街ってことになるのかな・・・・・、

              まあ、目立ちはしませんが分かりやすいところにあります。

              開店時間前に到着して待っていると、お店のお母さんが「ごはん食べにきたんか」

              「ご飯物ならすぐに出来るよっ」てことで早めに入れてもらいました。やさいしいなぁ〜。

              今回はそういう事情もあり、焼き飯&餃子の定番で・・・

              お腹が空いていたせいもあるのかメチャメチャ美味しかったです。

              特に焼き飯はシンプルながら技がきいていました。

              店内も清潔で広々としていて気持ちがいい。お店の人の雰囲気も良くて気に入りました。

              定番をしっかりとつくり込んで、期待を裏切らない味は見習いたいところです。

               

              チョット前になりますが、定例「深夜のワイン会」今回はこちら

               

               

              2006 フランソワ・ブラール エクストラ・ブリュット ¥18,500

               

              シャルドネ・ピノノワールが半々です。王道ど真ん中なシャンパンですね〜。

              ううう美味いぞ〜!

               

               

              サン・トーバン1er cru      ユベール・ラミー  ¥10,000

               

              この村を代表する生産者です。サント―バンらしいミネラル豊富なワイン。

              「らしさ」がしっかり表現されていました。ここは、モノづくりには大切なところです。

              素材を最大限引き出しつつ、自分の個性も出す。でも出すぎもいけませんので

              難しいところです。

               

               

              2001 モレ・サン・ドニ”EN LA RUE DE VERGY  ペロ・ミノ  ¥12,000

               

              まだ眠っている状態、香りが固まってしまっていました。

              ペロミノ意外と時間がかかるようです。

              頑張って寝かしておきましたが、ワインは難しいですね〜。

               

               

              2006 ラトリシエール・シャンベルタンgrand  cru    ドメーヌ・ルロワ 参考商品

               

              久しぶりのルロワ。こいつもなかなか開いてこないな〜,

              しかし、 楽しみましょうね〜。いつかご機嫌の時に再会しましょう!

               

              5月29日は「スーパーワイン会」でしたが。盛り上がり過ぎて

              写真なし。。。、、です。しかし飲みました〜!

              今回もしいのきのボキューズさんでお願いしました。

              毒吐き放題吐いて、スッキリ&反省しております。

              テラスが使えず個室でのワイン会でしたが、これはこれでいい感じでした。

              最近バタバタしておりまして、ブログの更新遅れてしまいました。

              また頑張って書いていきます。宜しくお願いします。

               

               


              深夜のワイン会

              0

                昨年のクリスマスイヴに飲みました。忙しいなか常連のお客様と楽しい時間を過ごすと、

                気持ちが元気になります。慌ただしい中でしたが美味しいワインを楽しみました。

                2016最後のワイン会、今回のワインはこちら



                タルランcuvée"Louis".    17,900

                 

                90年代後半の複数年の葡萄で作ったシャンパンで丁度いい熟成感でした。

                年末は古酒がいいかと勝手に思いまして選んでみました。タルランはいいです‼

                ちなみにこの会のワインは私が飲みたい、飲んでみたいものを選んでおります。


                2001 ムルソー メゾン・ルロワ ¥25,000

                 

                昨年末、蔵出しで日本に入荷したワインです。これはネゴシアンのものですが、

                美味しい〜ですね、さすがルロワ。ドメーヌ物の様な溢れる芳香はありませんが素晴らしい

                熟成による味の厚みを感じました。こういういい状態の古酒はルモワスネもありますが

                ルロワはワンランク上です。いい状態の飲み頃(古酒)を味あわせてくれる貴重な存在です。

                素晴らしい‼


                2002 ヴォルネイ1er Cru "Champin " マルキ・ダンジェルヴィーユ ¥24,000

                (写真右)

                ヴォルネイの雄、私の大好きな生産者です。2002年はなかなか開かない印象ですね〜。

                やっと飲めるくらいになってきました。本領発揮まではあと数年…

                2002年のワインは飲み頃が読みずらいかな、他の造り手の物もジャストだっ〜と

                思えるものになかなか当たらない印象です。

                 

                1992 シャトー・マルゴー 第1級マルゴー 参考商品

                (写真左)
                たまのボルドーがシャトー・マルゴー!最近感覚が麻痺しているような気がしてなりません。

                この日はクリスマスイヴで特別な日ですからいいのかなぁあはは。状態は若干お疲れ様ですが...

                そこは第1級格付けのシャトー・マルゴー力強く凝縮感があり美味しく頂きました、

                二日後デキャンタに残っていたワインも飲みましたが、美味しく頂きました。ポテンシャルは凄いです。



                2008 ロマネ・サンヴィヴァンGrand Cruドメーヌ・ルロワ 参考商品

                今年2度目、やっぱり美味しい〜。クリスマスに相応しく「夜の広場に輝くメリーゴーランド」

                といったイメージでしょうか。ラ・コンティの雰囲気ともあって夢の世界に誘ってくれます。

                この会「ルロワ会」に名前変えたりましょかって思ってしまいます。
                2016年もいろいろとワインと共に夢を見ることが出来ました。楽しく飲むのが一番、美味しければ更に最高です^_^。

                私の料理が皆様の夢のお手伝いになっていれば更に嬉しいです。いつもワインを提供して

                頂いているk氏が「来年も美味いワイン飲もうぜ」と宣言しておりましたので.....

                .本当に楽しみですね〜飲ませて頂きます。ありがとうございます。

                 


                深夜のワイン会&祝18周年

                0

                  11月になりました、そして本日11月6日は創業日(チョット大袈裟ですが)18周年を

                  迎えることができました。ここまで来たら特別どうこうありませんが玉川町に移転して

                  6年経ちまして、お店として完成されてきたな〜と感じておます。

                  (写真は柿木畠で移転直前、ここもいいお店だったな〜。そして奥さんのお腹には息子が。

                   ※ちなみに奥さんは現在まったくお店に出ておりません)

                   

                  そして改めて「フランスワインを愉しむお店」、「ワインを料理と共に愉しむお店」と

                  して強化していきたいと考えています。こちらに移転してからは、お酒を飲まずに

                  コースで料理を楽しむといったお客様も多くなりましたので、少しそちらにも力を

                  いれていましたが。最近改めて自分のやりたい事をやろうと思いまして、

                  そのようなスタイルを今後より強くしていきたいと思っております。

                  勿論、ワインが飲めない方、ご家族連れも大歓迎ですが

                  コースでお任せみたいなのは正直私の目指すところではありません。

                  そういうのは、そういうのが好きなシェフのお店のほうがお客様にもいいかと思います、

                  コース料理のみのお店なども多くありますので・・・・。

                  今日はこれを食べに来たみたいなほうが私は燃えてきます。いつも同じものをご注文して頂ける

                  ことも大変うれしいです。そういったメニューを1品でも多く作りたいと思っています。

                  私の料理は結構量があります、ワインもグラスで一杯よりもボトルでゆっくり楽しんだほうが

                  本来の良さもよくわかります。一杯目は美味しかったけれど後半飽きてしまうワインもありますし

                  逆にだんだん美味しくなってくるものもありあす。勿論私は後者のほうが好みです、フランスワインは

                  そういったワインが他国のものに比べて多いと思います。そこが長く世界中で愛され続ける

                  要因ではないでしょうか。(このワイン会は3人で飲んでいるので2〜3杯づつで丁度いいんです。)

                   

                  チョット話はそれますが先週、東京在住のアメリカ人の方が月曜と金曜日の2回が来られました。

                  10年程前によくラコンティに来て頂いていて、現在東京で暮らしているお客様の紹介で来たそうなのです。

                  こういうのは本当にありがたいです、喜んで頂けていたのだという安心感&感謝も湧いてきました。

                  そして来店していただいた「エディさん」。とっても優しい素敵な人でしたワインも大好き。

                  オニオンスープが気に入ったようで2回とも注文いただきました。

                  同世代ということもあり。仲良くなって盛り上がりました(ちなみにエディさんは日本語ベラベラです)

                  iPhoneImage.png

                   

                  そして定例深夜のワイン会、今回は飲んだワインはこちら

                  ブノワ・ライエ・ブリュット ”ナチュレサンス”  ¥14,800   

                   

                  デュヴァル・ルロワで活躍したエルヴェ・ジェスタンがコンサルタントしているせいか

                  力強いコクのある黒葡萄主体の味わいです・・・が実際はピノ・ノワール50%、シャルドネ50%です

                  なかなかええぞ・・・

                   

                  2014 シャブリ特級畑” Les Clos"   ジャン・コレ           ¥13,800

                   

                  店では定番で一押しシャブリ生産者です。よく出るのはスタンダードなステンレス発酵、熟成ものですが

                  これは、樽発酵、樽熟成。シャブリの中でも最高と言われる畑のものです。

                  しっかりしていて、嫌みのないコクと洗練さとが同居しております。ワイン通のK夫妻も納得です。

                  グランクリュは高価なのですが普通のシャブリは¥5,800ですのでお試しください。

                   

                  2004 ジュブレ・シャンベルタン"LES EVOCELLES”  ダヴィド・デュバン  ¥15,800

                   

                  「メイユール・ド・ヴァン・ド・フランス2015」で3ツ星評価を受ける次世代の有望株。

                  比較的どっしりした印象で飲みごたえがあります。飲み頃で美味しいす。

                  近年のほうが高評価のようですのでまた飲んでみたいです。今後が楽しみです。

                   

                  2006 マジ・シャンベルタンGrand Cru  ドーヴネ  参考商品

                   

                  マダム・ルロワがこだわりぬいて造っておりますワインです。畑はシャンベルタン村の特級畑。

                  「香りが芳醇」という言葉がぴったりなワインです。とにかくよく香ります。

                  若干風邪で詰まっていた鼻が抜ける程です。本当です!価格も腰抜けますが素晴らしいワインです。

                  マダムのワインを飲むとすごく満足感あります。この会も最後びしっと締まる感があります。

                   

                  後でわかったのですがルロワとデュバンは今年の2月のワイン会で飲んでいました。

                  その時は順番が逆でデュバンはオート・コート・ド・ニュイでした。

                  ルロワもデュバン同様三ッ星評価ですが、品質はまだかなりの差がありますね、頑張れデュバン!

                   


                  深夜のワイン会

                  0

                    涼しくなり食欲の秋!そしてワインの秋!

                    この時期は11月のボージョレの予約受付を兼ねたワインの試飲会

                    が多く開催されます。最近はなかなかスケジュールが合わずに行けなかったのですが

                    先日、小さなワインインポーターが集まった試飲会に行ってきました。

                    知らないワインを多く味わう良い機会なので参加してタップリ飲みました。

                    こういう会は久しぶりに会う人がいたり、いろいろとワイン以外にも楽しみがあります。

                    10年ぶりに大変お世話になった輸入業者さんに会いました。その頃を思い出し

                    ワイン選びも最近は多少知恵がついたせいかチョット守りに入ってきていた感があったと反省・・・・。

                    これからまた新しい生産者もいろいろと試してみなければ、

                    そして素晴らしいワインとの出会いを期待してチャレンジしていきます。

                     

                    そして定例深夜のワイン会、今年の後半戦スタートです。

                     

                    2006   ジャック・ラセーニュBland de Blands  ¥19,500

                     

                    最近いろいろと見かけ気になっていた生産者。シャルドネ100%でドサージュ0g。

                    こだわりが感じられるデータです。香りは非常に華やかで気品溢れ素晴らしいです。

                    飲んでみると香り同様に美しいですがチョット個人的には物足りないでしょうか。

                    仕事後に飲むのでよけいですがドサージュ(補糖)少しあってもいいかな。

                    シャンパンはヴィンテージがあっても他の年のワインを30%くらいまでは混ぜても法律上は

                    ヴィンテージワインとして売ってもいいそうです。これは0%かな?

                     

                    合わせるならこのオーストラリア産の極太グリーンアスパラガスを甘くておいしいです。

                    私も毎年楽しみにしています。どクラシックのオランデーズでどうぞ!

                     

                     

                    2014 サント―バン1er Cru"Moingon"  ビヤー  ¥9,500

                     

                    先日の試飲会で見つけてきたワインです。生産者資料がないのですが、自然派なのか特有の

                    リンゴジュースのような香りが感じられます。サン・トーバンにしてはコクがあり芳醇。

                    熟成でリンゴの香りがおさまってくればより良いワインになるかと。

                    まだまだ知らないワインがいっぱいあるものです。ちなみに石川県はマル源酒店のみの販売です。

                     

                     

                    1995 シャンベルタンGrand Cru  トルトショ  参考商品 (写真左)

                     

                    ちょうど飲み頃でなかなか見かけることが少ない1995年のワイン。

                    特級と思うともう少しですが、美味しいブルゴーニュでした。

                     

                    1997 ジュブレ・シャンベルタン1er Cru"Clos saint Jacques"    アルマン・ルソー  参考商品 (写真右)

                     

                    昔はラ・コンティでもオンリストしていたルソーですが、今ではとてもじゃないですが難しい価格に

                    なってしまいました。更に入手困難で・・・お久しぶりの出会いです。しかも♡♡♡

                    保存が良かったのか、まだ若さを感じる程で閉じ気味か?もう少し置いておけばよかったのか・・・

                    ブルゴーニュは難しいです、でもそこがいいんです。また飲んでみたいです。

                     

                     

                    NVディエボル・ヴァロワ・ロゼ  ¥11,000

                     

                    最後の〆シャンで飲んでみました。この生産者の他のアイテムはお店でも長く使っていますが

                    ロゼは初めてでした。フレッシュ!フレッシュで要・瓶熟成ですね〜若いワインが好きな人はこのくらいも

                    いいかもしれませんが私は古酒派なのでもう少し・・・・・ロゼは特に熟成必要です、あるいはリザーヴワインをタップリで

                    造るといいんじゃないかと・・・・・造れないくせにすみません。この生産者はコストパフォーマンス大です。

                     

                    近所に片町から「割烹 いけ森」が移転してくるそうです。全く面識がないので情報は以上ですが

                    住宅兼店舗ということで、ただいま建築中でもうすぐ完成しそうです。この街も賑わってまいりました。

                     


                    深夜のワイン会

                    0

                      まさに梅雨真っ只中の天気が続いております。

                      今年も上半期が終了、こちらに来て5年がたちお店も仕上がってきました。

                      先週も中庭をちょっといじっていましたが・・・・だんだん気になる部分が減ってきて

                      料理に集中できるようになってきました。

                      最近、若いお客様も増えてきて私的にはいい傾向だな〜と思っています。

                      カフェ的なお店でワインやフランス料理を好きになって、次にうちのようなビストロで

                      より楽しんでもらえればいいのかな。自分もお店をやったころは26歳の若者でしたので

                      今の若い人にもお店の良さが伝わると信じています。

                       

                      そして定例深夜のワイン会、若い時にはこんな美味しいワインを頻繁に飲む機会が出来るとは

                      夢にも思っていませんでした。これも自分なりに一生懸命やってきて、このような出会いが

                      生まれたのではないかと・・・・・飲んでるときは唯々楽しく飲んでいますが。

                      こうしてブログを書きながら振り返ると、またいろいろと考えさせられます。

                      今回のワインはこちら

                      2006 J・ラサール1er Cru"Spacial Club"   ¥16,500

                       

                      パーカー5ツ星生産者でスタンダードなスタイルのシャンパーニュです。

                      程よく熟成感もあり洗練された王道な味わい。この”スペシャル・クラブ”と言うのは

                      シャンパーニュの優れた28の小規模生産者の会で、厳しい条件をクリアしたキュヴェのみ

                      この共通のラベルで瓶詰めされる特別品。ピノ・ノワール60%、シャルドネ40%

                       

                      2011 ムルソー・ブラニ―1er Cru"la Piece Sous le Bois"  ポール・ペルノ      ¥14,000

                       

                      ピュリニィに本拠を置く白ワインのスペシャリスト。香りはムルソーのまったりした

                      濃密感があり、味わいは硬く締まったミネラル豊富なピュリニイのような後味に

                      ほのかに苦みがあります。ブラニ―というムルソーに隣接する村で白ワインの一部は

                      ムルソーを名乗れます。一般的なムルソーとはちょっと違った味わいが楽しめます。

                       

                      1998 ヴォルネイ1er Cru   ドメーヌ・ド・モンティーユ  ¥14,800

                       

                      クラシックな造りのヴォルネイ、果実味は強いほうのタイプ。昔のボーㇴのよくある

                      飲み頃まで長い長い時間を必要とするワインで当店で10〜12年は熟成させたものです。

                      澱も少し出た来て「そろそろいいかな〜」と思いましたがまだ入り口でした。

                      香りは開いていましたが飲むとあと2~3年でしょうか。状態は良好でしたが

                      ”THE ヴォルネイ”とまではいきませんでした。申し訳ないです・・・

                       

                      で最後に締めで

                       

                      2008 ロマネ・サン・ヴィヴァンGrand Cru  ドメーヌ・ルロワ  参考商品

                       

                      出ましたマダム・ルロワのグランクリュ!この会専用のワインですが二本在庫ありましたので

                      一本いいんじゃないかな〜でいただきました。後で冷静に考えるとこんな何でもないときに

                      飲むようなワインではなかったですが・・・・まあこれも出会いですか〜

                       

                      ヴォ―ヌ村の芳醇な香りをギュッと瓶詰めた”香り爆弾”。ルロワ香、樽香と相まって

                      素晴らしい香りを放っていました。私はサンヴィヴァンはDRCとこれしか飲んだ経験はありませんが

                      他2名は「ロマネ・サン・ヴィヴァンらしい」と言っておりましたので、これがこの畑の

                      最高パフォーマンスなのでしょう。もう一本、何年後かに逢うのを楽しみにして。

                       

                      そして、テンション上がって私が飲みたいと駄々をこねて開けていただいたシャンパーニュ

                      NV ジャック・セロス リュー・ディー”Maruil Sur Ay 「Sous le Mont」  参考商品

                       

                      ピノ・ノワール100%の力強いシャンパーニュ、洗練されたスタイルの中にセロスらしい

                      しっかりとした個性が感じられる。リューディ・シリーズはあと4本ありますので、

                      ゆっくり残りも楽しみたいです。初めに飲んだJ・ラサールとは対極で

                      どちらがいいではないですが、セロスは特別な個性を放っているワインです。

                      ラサールも私は好きです。市場価値は完全にセロスが上ですが、ラサールの優しさ品格は

                      素晴らしいです。どちらもお奨めですよ。

                       

                      今回も満喫しました。これからも自信をもって前に進もうと思わせてくれる夜でした!

                       


                      | 1/4PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << August 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM