ラ。ラ。ランチ

0

    本日は予約も少なく、ぽかぽか陽気に誘われてラシックさんにランチに行ってきました。

    最近何かと会うことが多いのですが、お店には久しぶりに伺いました。

     

     

    フランスの空気を感じさせる店内、気さくなシェフとマダムそしてスタッフが温かく迎えてくれます。

    最近はワインを一緒に飲みながら話すことも多く共感するところも多いです。

    初めて出会ったのは15年程前、ロベールデュマで働いていた頃に岩城シェフとお店に来られたときです。

    お店を構えて3年、良いことも大変なことも経験してオーナーの雰囲気も出てきましたねぇ〜。

     

     

    店内の空気感と料理がピッタリ合って「ビストロ感」を満喫できます。

    ワインを飲まずにはいられませんでした。

     

    その場に合った料理が私はあると思います。

    榊原さんの料理をラ・コンティで食べても今一つだろうし、

    逆に私の料理をラシックさんで食べても同じくダメだと思います。

    最近店内に飾る絵を選んでいますが、いくら名作でもお店の雰囲気に合わなければ台無しです。

    勿論まずは料理、そして接客、ワインリスト、インテリア・・・・トータルで楽しむのがレストラン!

    素敵なビストロです。昼から飲むには最高のお店ですよ。

     

     


    鮨のマエストロ

    0

      春ですね〜、店のバラも葉っぱもりもりでゴールデンウィークには開花しそうです。

      昨年からかなり大量に肥料を与えていたので例年になく大きく育っています。

       

      さて、本日久しぶりに「小松弥助」のおやっさん森田氏に来て頂きました。

      先月お店を復活されたことは皆さんもご存じかと思います。

      なんと86歳・・・毎日18席3回転をこなしているというのは信じられません。

      相変わらずお元気で凄いとしか言えません。

      今回は常連さんかその紹介者のみ予約可能ということで以前よりは気持ち的に楽だそうです。

      『僕は来ても大丈夫だよ〜。』と言って頂いたので、久∼しぶりにお店に伺いたいと思います。

       

      今日はワイン飲んでご機嫌です。

       

      以前のお店は観光名所みたいになってしまっていたので

      ご本人も納得した仕事が後半は出来ていなかったと言っていました。

      今回、営業は2回転でと思っていたようなのですが、それだと予約があまりに困難に

      なってしまうということで3回転こなしているそうです。凄すぎる・・・・。

       

      亡くなった私の父親より1歳年上でいまだに現役バリバリですから

      自分もまだまだ頑張らないといけないな〜と痛感しております。

      何者か知らなければ、ただの「可愛いおじいちゃん」という感じでやさしい腰の低いかたです。

      仏蘭西料理と鮨の違いはありますがお話を聞いているだけで自分が成長していく感覚があります。

      まさに「マエストロー巨匠ー」というところではないでしょうか。

       

      技術的にはピークは過ぎているのかもしれませんが料理は技術だけではなく

      気持ちや人間性が大きく影響しますので、鮨としては今が最高なのだと思います。

      私はまだまだこれからです。

      「小松弥助」復活はしたものの森田氏が握るのもあと数年、

      若い料理人のかたには是非食べてみてほしいです。「おじいちゃんの握る鮨を( ´艸`)」

       

       


      シャンパンな夜会

      0

        先日の日曜日は家族で兼六園にお花見に行ってきました。

        1週間前の日曜日とは打って変わってポカポカ陽気で皆さんも

        お花見楽しまれたのではないですか。

        お店で焼きそば、唐揚げ、団子にリンゴ飴(息子はハマって持ち帰り用も購入)

        花見ならではのお楽しみです。いつもは気取ったものをつくっていますが、

        こういう食事も大好きです。

         

        先週、花見の影響はそこそこでしたが、シャンパンで盛り上がりました!

        前回のブログの「ひとりジャクソン」のかたと、

        そのかたにも紹介した「ラシック」のご夫妻と私の4人で飲みました〜。

         

         

        2008 アグラパール ”AVIZOISE" エクストラ・ブリュット   ¥24,000

         

        ブラン・ド・ブランのスペシャリストで近年グッと評価を上げています。

        リスト未掲載で、まさか注文しないだろうとお見せしたら・・・・ありがとうございます(*_*)。

        香りのよい軟水を飲んでいるかのような洗練された優しい味わい。評判通り素晴らしいシャンパンです。

        一流の気品がありますがとっつきやすく、マニアも飲みなれてない人も納得して頂けると思います。

        チョット高いですけど、記念日にでもどうでしょうか。

         

        赤も飲みたいということで

         

         

        2002 シャトー・パヴィ・マカン サンテミリオン特級 ¥14,600

         

        飲み頃に入ってきたところで、芳醇な香りが漂ってきました。

        しっかりとした構成ですがミルキーな感じもあり、美味しいですね〜。

         

        そして勢いが出てきたところでラシックの榊原夫妻が登場。

         

         

        NV ピエール・カロ "Grand Reserve" Blanc de Blancs        ¥13,000

         

        先のアグラパールと同じアヴィーズ村を拠点とするシャンパンハウス。

        2000年前半の収穫ブドウとリザーヴワインを50%づつブレンド。

        非常に熟成感があり同じシャルドネ100%でもこちらはコクと力強さが印象的。

        今はなきアランロベールにも似たスタイルでしょうか。

         

        そして盛り上がってもう一本・・・・

         

         

        NV アグラパール "7crus"  ブリュット    ¥10,500

         

        アグラパールのスタンダードキュヴェ。

         

        こちらはピノノワールを10%加えてつくられます。

        スタンダードとはいえ華やかな香り、やわらかで透き通る味わいは共通しています。

        これはお買い得です。アグラパール気に入りました。

         

        盛り上がって飲み過ぎてお約束の2日酔い・・・・しかし

        こうやっていい経験をさせて頂いたことは今後に生かしていきたいと思います。

         

        とにかく、美味しい楽しい夜でした。感謝、感謝。

         

         


        まつや

        0

          先週の日曜日は町会のお花見に参加してきました。

          こちらに越してきて6年、この街にもかなり溶け込んできました。

          近所のおじさんたちと熱燗を飲むのも楽しいものです。

          私もそこそこ飲めますので、結構盛り上あります。

           

          そして、その後21世紀美術館にいって絵を見てきました。

           

           

          何か嬉しいものです。「休日ギャラリーに行く」とかいう感覚のない私ですが

          さすがに自分のお店が出ていると思うと楽しかったです。

          息子はいろいろと作品を見ながら「これが芸術?」と言っていました。

           

          最近は野菜も魚も近江町市場での仕入れがかなり減ってはきましたが

          やはりないと困ります。なんだかんだ言いながら毎日行くのですが

          今日は仕入れとはあまり関係のない、お菓子屋さんを紹介します。

           

           

          「まつや」というお菓子屋さんです。

           

          チョコレートやスナック菓子など駄菓子屋さんのような雰囲気です。

          小さなお店の中にいろいろと特価品を置いています。近所のOLさんや市場で働く女性には

          有名ですが比較的目立たないところにありますので普段、近江町市場に来られない方には

          あまり知られていないかもしれません。

          女子には超おすすめです、刺身買うより、こっちかもしれません。

           

           

          私もコーヒーのお供に買っています。女子力高いのかなぁ・・・・・・

          季節商品などが充実していて楽しめますし、ちびっこ広場に来たお子様連れの方は是非寄ってみてください。

          今はやっぱり苺関連の商品が多いですね〜。

           

          子供がまだ小さいころ、抱っこをして毎日仕入れにいっていおかげで私も近江町の人たちに

          顔を覚えていていただきました。ほとんど買うことのないお店の方にもいまだに声を掛けていただいています。

          こういうのは市場ならではの人情でしょうか・・・・ありがたいです!大切なことだと思います。

           


          今週のワインは

          0

            今週は息子の入学式に出席してきました。

            またひとまわり大きく成長したように感じました。

             

            お店は静かな一週間でしたが、こういう時間も必要なのでしょう。

            そして・・・一人様のお客さまがいきなり「ジャクソン」と注文!おぉぉ〜と思っていたら

            「一緒にどうですか」ときたので更にオォォ〜でした。

            お話をさせて頂くと、何度か来店していただいていたようで、4月より金沢に転勤といくことで

            早速ラ・コンティに・・・・ありがたいです。

             

             

            ジャクソン Cuvée737   ¥13,800

             

            美味しい〜です。シャンパンは良いな〜やっぱりワインはフランスか!

             

            そして週末、ラシックの榊原シェフが帰宅途中に高級ワインを置いて行ってくれました。

             

             

            2012年なので「ぴかぴかの一年生」といったところでしょうか。

            この造り手は熟成すると上品でブルゴーニュのような透明感があります。

            こういう若いワインは果実味が強いので、サラダのような酸味のある料理と合わせるとバランスがとれて

            輝いてくると思います。素晴らしく可能性を感じるワインです。

            若い人のお店も開店当初はなかなか本領発揮出来ないこともありますが、何か期待させるものがあるとまた行って

            みたくなります。何年か後に「本当にいい店になったな〜」と思うお店もあります。

            ワインと人、お店の成長は似ているところがありますね。ここがワインに惹かれる理由なのかもしれません。

             

            「ラシック」もこれからもっともっと成長していくことでしょう。

            私の最も尊敬する先輩料理人(いろいろご活躍で昨年も何かの世界大会で2位になっていました)も、

            先週久しぶりに会って話をしていて、金沢のミシュラン一つ星やゴーミヨの高評価の店よりもラシックが

            金沢では一番のお気に入りのようでした。料理は美味しくないと始まりません。

            高級ワインもらったのでこれくらい褒めておけばいいでしょう(笑)

             

            勿論、自分の店が一押しですがラシックさんもお薦めですよ。

             

             


            現代美術展

            0

               

               

              現在開催中の現代美術展に「ラ・コンティ」の絵が21世紀美術館で飾られています。

              私は全く関係ないのですが、お店を描いた絵が入選してそうで、お礼にと招待券をいただきました。

              最近ポスターや絵を買っていたところだったのでタイミング的にもビックリしました。

               

              そして常連のお客様より写真が送られてきました。(ちなみに私はまだ見ておりません)

               

               

              写真のようですが絵みたいです。かなり忠実に描かれています、機会がありましたら是非。

               

               


              能登

              0

                 

                すっかり暖かくなり、今週末あたりからお花見できそうですね〜。(日航ホテル裏の白髭神社、桜綺麗ですよ)

                さて先週末は、お店の連休&子供が春休みでしたので志賀町&のとじま水族館に行ってきました。

                 

                 

                志賀町では、息子のリクエストで貸別荘(庶民的な)に泊まりました。静かで何にもないところでしたが

                街中に普段住んでいると、こういう静かなところは癒されて良いです。ホテルではぐっすり眠れない私ですが

                ここではグッスリ眠ることが出来ました。地元のスーパーで買い物をして住民感覚で過ごせました。

                大人数で借りればかなり安いので大家族の方にはお勧めです。カップルの方には雰囲気が足りないでしょうかねぇ〜。

                また家族で行きたいと思います。今度はバーベキューもしてみたいところです。

                 

                 

                翌日、は「のとじま水族館」。20年ぶり!くらいで行きましたが、昔に比べ、いろいろ楽しめるように

                工夫がしてあって満喫しました。ただ風が強く、海釣りが出来なくて息子はしょんぼり・・・・・・。

                 

                能登はワイナリーやレストランなどもあって食材は豊富、釣りや温泉だけではなく楽しそうです。

                車の運転は大変ですが料理人としても、これから攻めてみたいです。

                 


                甲州

                0

                  春ですね〜。息子は4月から小学生!あっという間に大きくなって

                  自分がそれだけ年を取ったということです。

                  で、”めでたい”ということで「祝い酒」

                   

                   

                  2015 甲州テロワール・セレクション”祝” 勝沼醸造  

                   

                  フランスワインばかり飲んでいますが、今年からそろそろ日本ワイン飲んでいこうかと思い

                  まずは日本の代表品種、甲州を使ったワインから。以前他国で造った甲州ワインが美味しくて

                  ビックリした記憶から甲州に良い印象がありました。漫画「神の雫・マリアージュ」でも紹介され

                  ていたので飲んでみました。

                  旨い!日本ワインは試飲会などで飲んだ記憶しかありませんが、これは旨いです。

                  フランスワインに通ずる上品さ洗練されたワインで違和感なくラ・コンティの雰囲気で飲めます。

                  漫画では「ラタトゥイユ」と合わせていました。これからの季節にピッタリですねぇ〜。

                   

                   

                  そして「プティ深夜のワイン会」で飲んだワイン

                   

                   

                  ジャックセロス”リューディ” AMBONNAY le bour du clos

                   

                  ピノ・ノワール100%、力強く洗練されていて余韻に土のニュアンスを感じます。

                  強い個性ですが最後まで飲み飽きしない・・・・私もこういう料理を作っていきたいです。

                   

                   

                   

                  2008 ヴォ―ヌ・ロマネ1er Cru"Les Beaux Nonts"   ベルターニャ  ¥14,800

                   

                  「ル・クラスマン」2つ星やパーカー高得点などの宣伝文句にひかれて数年前に購入、そろそろかな〜

                  と思いまして飲みました。エレガントで端正なスタイルでシャンボールに通じる味わい。

                  ヴォ―ヌ・ロマネの中でも透き通った透明感がある。インパクトはないですが

                  ポンソに近いタイプかな・・・・良いですね~。やっぱりフランスは旨いな!

                   


                  初春

                  0

                    ご無沙汰しております。3月も半分過ぎまして年に一度の確定申告もギリギリで間に合わせ

                    ほっとしております。ヨーロッパ全土で鳥インフルエンザが発生して鴨やフォアグラが日本で

                    食べることが難しくなってきています。どうなるんだろうなぁ〜

                     

                    春野菜やJAでのおすすめ野菜を紹介します。

                     

                     

                    まずはフランス産のホワイトアスパラガス。国産も最近はありますが今年はフランス押しで

                    いきたいとおもいます。国産のグリーンアスパラガスも出始めております。

                     

                    そしてJAグリーンのおすすめは、

                     

                    地物のブロッコリーが出始めました。安い旨い!他県のもので輸送の影響か茹でるとむれた香りが

                    するものがたまにありますが、地物は全くありません。色もきれいに茹で上がります。

                     

                     

                    「沖縄のトマト」トマトと苺は食べてみないとわかりませんね〜。

                    高っかいフルーツトマトでも、歯ごたえ合って甘いけど、超酸っぱいものもあります。

                    これは甘みと酸味のバランスが非常に良いです。お店ではカプレーゼやコンソメスープで使っています。

                    ワインと同じで味のバランス大切です。

                     

                    あと、お肉料理の付け合わせでよく使う「根セロリ」

                     

                    見た目は最悪・・・細く切ってサラダでもありみたいです(私は嫌いです)

                    だだ火を入れてピューレにすると甘みと、微かな苦みが肉料理とピッタリです。

                    ラ・コンティでマッシュポテトと思って食べている方も多いでしょうが

                    実は違います。こちらの方が洗練された感じですかね。料理によってポテトの

                    方が合うこともあります。うちのメニューではすべて根セロリです。

                    1キロ2000円位で近江町市場の八百屋さんでも購入出来ると思います。

                    根性のある主婦の方はチャレンジしてみてください(高いはデカい!で、家庭用ではお奨めしません)

                    ※イモみたいにデンプンがないのでミキサーで生クリームと回しても粘りません。

                     

                     

                     


                    花咲くアーモンドの枝

                    0

                       

                      フィンセント・ファン・ゴッホが弟夫婦の子供の出産祝い。

                      生まれてくる子供の寝室に飾るために心を込めて描いた一枚。買ってから気になって少し調べてみました。

                      オリジナルは青色なのですがこちらの方がお店に合っているようだったのでこちらに。

                      ポスターなので安価ですが私は大変気に入っています。いい絵はコピーでもグッときます、

                      またお店の雰囲気とピッタリでいつか本物を見に行きたくなりました。この絵を描いた半年後にゴッホは亡くなりました。

                      そして弟夫婦に生まれた男の子の赤ちゃんには「フィンセント」と名付けたそうです。

                      37年の短い生涯、10年の画家生活の中で1600点以上作品を描いたにもかかわらず、

                      生前に売れたの絵はたった一枚。ゴッホの絵をゆっくりと観てみたくなりました。

                      今年はもう少し、ポスターや絵を増やしていく予定です。

                      『花咲くアーモンドの枝ーAlmond blossomー』力強く温かい絵ですね、元気出ました。素晴らしい。

                       


                      | 1/13PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << April 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM